読書と競馬

競馬は文学である

2018 予想 第20回阪神ジャンプステークス(J・GIII)

障害レース戦線も秋を迎えて、暮れの大一番である中山大障害にむけて動き始めるのだが、先陣を切るのは阪神障害コース3140mで施行される阪神ジャンプステークスである。 コース傾向としてはとにかく前有利で、それぞれ位置取りが決まって縦長になった時に、7…

2018 予想 第3回紫苑ステークス(GIII)(秋華賞トライアル)

秋競馬の始まりを告げる重賞、かつてオープン特別だったがGIIIに格上げされて今年で3年目の3歳牝馬限定中山2000m、紫苑ステークス(秋華賞トライアル)を予想する。 予想する上で注意したいのは、まず開幕週であること。芝の状態は良い、天気の影響もさほど…

2018 『ギッちょん』山下澄人(文春文庫) 感想

ギッちょん (文春文庫) 著者 : 山下澄人 文藝春秋 発売日 : 2017-04-07 ブクログでレビューを見る» 収録作『ギッちょん』(初出「文學界」2012年6月号、12年度上半期芥川賞候補作)『水の音しかしない』(初出「文學界」2011年12月号)『トゥンブクトゥ』(…

2018 予想 ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)+過去10年前走データ分析(発走08/12 午後11:20)

歴史あるフランスのマイルGI、ジャック・ル・マロワ賞(Prix Jacques le Marois) を予想する。 日本馬のジェニアルは直前に回避となって残念だが、ジェニアルの挑戦があったからこそ、フランス最高峰のマイルGIが日本で買える。コースはドーヴィル競馬場で芝1…

2018 予想 第20回小倉サマージャンプ(J・GIII) 7/28(土)第8レース

夏の小倉競馬開催における最初の重賞、小倉サマージャンプを予想する。小倉の障害コースについては、特筆すべき点はあまりない。先行馬が有利だが、それはどこの障害コースでも同じだ。といって、後方勢が全部ダメかというとそうではなくて、これは平地を含…

2018 『爪と目』藤野可織(新潮文庫) 感想

爪と目 (新潮文庫) 著者 : 藤野可織 新潮社 発売日 : 2015-12-23 ブクログでレビューを見る» 2013年度上半期芥川賞受賞作。 ホラー小説であると思うし、またミステリー小説でもあると思う。終始、醸し出される不穏で奇妙な雰囲気は何なのか。本作の謎に迫る…

2018 予想+データ 農林水産大臣賞典 第22回スパーキングレディーカップ(Jpn3)(ホクトベガメモリアル)川崎競馬

気が向いたので、07/05(木)川崎競馬場ダート1600mで行われる牝馬限定の交流重賞、スパーキングレディーカップを予想してみた。 川崎競馬場のコースの特徴といえば、めちゃくちゃキツイ急カーブ。1600mだと、コーナーに入るまでに400m距離があるので多少緩和…

2018 『九年前の祈り』 小野正嗣 (講談社文庫) 感想

九年前の祈り (講談社文庫) 著者 : 小野正嗣 講談社 発売日 : 2017-12-15 ブクログでレビューを見る» 2014年度下半期芥川賞受賞の表題作を起点とした連作短篇集。 小野正嗣はデビュー作から、故郷である大分県の、リアス式海岸にある過疎化が進む集落を小説…

2018 予想 第20回東京ジャンプステークス(J・GIII)

荒れる障害重賞、東京ジャンプステークスを予想する。何で荒れるかというと、障害レースは基本的には先行馬圧倒的有利なのだけど、東京障害コースだとそうはいかないから。 ハードル障害が一つあるものの、直線は463mある。差しがバシバシ届くのだ。 そして…

2018 『極楽とんぼ 他一篇』里見弴(岩波文庫) 感想

極楽とんぼ―他一篇 (岩波文庫) 著者 : 里見トン 岩波書店 発売日 : 1993-12-16 ブクログでレビューを見る» 長篇『極楽とんぼ』(初出「中央公論」昭和36年1月号)、他に短篇『かね』(初出「改造」昭和12年1月号)を収録する。 里見弴――、寡聞にして実兄に有…

2018 予想 第23回ユニコーンステークス(GIII)

府中ダート1600m、3歳限定のユニコーンSを予想する。 雨がどれほど降るのか、そして馬場が渋って傾向がどうなるのかがわからないのだけど、先週も差しが決まらないことはなかったし、水が浮くような不良馬場まではいかないだろうから、まあ、普通に予想しよ…

2018 予想 第71回鳴尾記念(GIII)

阪神、芝内回り2000mで行われる鳴尾記念を予想する。 開幕週であること、外回りではなく内回りであること、この二点に注意したい。つまるところ、先行有利ということだ。ただ、とにかく前に行けばよいとか、逃げればよいというわけでもない。道中、4,5,6番手…

2018 『赤い高粱』莫言(岩波現代文庫) 感想

赤い高粱 (岩波現代文庫) 著者 : 莫言 岩波書店 発売日 : 2003-12-17 ブクログでレビューを見る» 中国現代文学を読むのは初めてのことだ。本作の作者である莫言の2012年ノーベル文学賞受賞がなければ、私の狭い視野に入ってこなかったかもしれない。 日本と…

2018 予想 第25回平安ステークス(GIII)

京都ダート1900mの平安Sを予想する。1800mでもそうだけど、下位クラスなら圧倒的に逃げ先行が有利なコースだ。ただ、ダートレースの常として、クラスが上がるごとに差しも届きやすくなる、というより後方脚質でも結果を残せる馬が出走してくる、というのが実…

2018 『新装版 海も暮れきる』吉村昭(講談社文庫) 感想

新装版 海も暮れきる (講談社文庫) 作者: 吉村昭 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2011/05/13 メディア: 文庫 クリック: 5回 この商品を含むブログ (5件) を見る 「咳をしてもひとり」の自由律俳句で有名な尾崎放哉が、小豆島に移住して病死するまでの八ヶ…

2018 予想 第20回京都ハイジャンプ(J・GII) 3930m

京都障害コース3930mのコーナーの数、実に10回だ。直線も芝外回りの約半分で、後方脚質の場合、最終コーナーでまくって先頭に並びかけるくらいでないと厳しい。言うまでもなく先行有利だ。 加えて、今回のメンツ、先行馬が少ない。逃げ先行馬を積極的に狙っ…

2018 予想 第63回京王杯スプリングカップ(GII)

府中1400が舞台。はっきりとした逃げ馬こそ不在だが先行馬が多く、ある程度ペースは流れるだろう。差し優勢かなと思う。 ◎15ダンスディレクター 追い込みというほど下げすぎない脚質が絶妙。宮記念組は成績がよく、その中で4着。たいへん立派な着順だ。スプ…

2018 予想 第66回京都新聞杯(GII)

ダービーへの最終便(トライアルではないが)の京都新聞杯を予想する。舞台は京都・外回り2200m。外回りなので直線が長い。その一方で、これはエリザベス女王杯と同舞台。あっと言わせる逃げ切りがあったことを思い出すではないか。つまりスローペースに陥る…

2018 予想 第13回夕刊フジ賞オーシャンステークス(GIII)

高松宮記念のステップレースの一つである、荒れる重賞オーシャンステークスを予想する。今年も難しいなと思うのだけど、当たれば良い配当が来るはずなので、もうここは手広くいこうかと。 一応の留意点として、開幕週の中山は先行有利だった。この傾向は今週…

2018 予想 第25回チューリップ賞(GII)

土曜、阪神マイルで行われる桜花賞トライアル、チューリップ賞を予想する。今年からGIIに昇格との由。びっくりした。それはさておき、阪神JF組が強いレース。大まかな傾向としては1番人気堅実。ときおり穴馬が来る、といった感じだ。 で、今年は阪神JF1,2着…

2018 予想 第53回京都牝馬ステークス(GIII)

土曜の古馬牝馬重賞、京都牝馬ステークスを予想する。マイル戦だったが2016年から京都1400mへ変更。このことにより1200を使ってきた馬も無視できなくなった。 とはいえ、外回りコースだ。差し重視でよいだろう。加えて、今回のメンツは逃げ先行馬が多い。先…

2018 予想 第68回ダイヤモンドステークス(GIII)

府中のスーパー長距離戦、かつハンデ戦のダイヤモンドSを予想する。府中3400mはダイヤモンドS専用コース。意外に先行馬だけでは決まらないレース。スローになるからか、スタミナと瞬発力を兼ね揃える馬が望ましい。といってそんな都合のよい馬はそうそういな…

2018 予想 第53回デイリー杯クイーンカップ(GIII) 02/12(月曜、祝日)

3連休の最後、祝日の月曜に行われる3歳牝馬限定府中マイルの重賞、クイーンカップを予想する。軸は人気上位、ヒモに穴1頭を警戒という感じ。 過去10年の前走クラス別では前走重賞組6勝(うち、阪神JF組3勝)、あとの4勝は500万下組から。重賞組の着順は問わ…

2018 予想 第21回TCK女王盃(JpnIII)(交流重賞)

1/24に大井競馬場で行われるTCK女王盃の予想をやってみる。というのも分かりやすいジンクスを見つけたので。下記の過去10年、1,2,3着馬の単勝人気を見てもらいたい。 2008年(6-1-3) 2009年(2-1-5)2010年(1-3-6) 2011年(2-1-5)2012年(7-1-2) 2013年(2-8-1)201…

2018 予想 第35回東海テレビ杯東海ステークス(GII)

中央ダート重賞では唯一のGII(であってるよね?)の東海Sを予想。5年前からフェブラリーSのステップレースとして位置づけられ、この時期に変更された。 過去5年の傾向を見てみると1番人気の複勝率は100%(3-0-2-0)。逆らいようがない。ただヒモが荒れており…

2018 予想 第34回フェアリーステークス(GIII) 1/7(日曜・中山11R)

あけおめことよろ!!! 今週は三日間開催。東西金杯のあとに日曜は3歳牝馬マイル戦のフェアリーS、祝日月曜は3歳牡馬マイル戦のシンザン記念が組まれている。金杯の予想は他所の人に任せるとして、中山・牝馬3歳マイル戦のフェアリーSを予想してみたい。 中山…

2017 予想 第140回中山大障害(J・GI) 中山(土)10R 14:45発走

めっちゃ楽しみな障害GIレース。大障害コースはとにかく過酷。全馬無事完走を祈る。強い2頭がいる。この2頭で決まると思うので3着以内の中のもう1頭を探して。 ◎7オジュウチョウサン 特に言うことないでしょ。東京ハイジャンプでしっかり叩いていて、全く隙…

2017 予想 第12回阪神カップ(GII) 芝1400m(定量)

有馬記念の軍資金を稼ごうの精神で。舞台は阪神芝1400mでこれは内回り。フィリーズレビューと同じ舞台。古馬オープンレベルともなると、内回りといえどもペースは早くなりそうだ。前に行く馬は厳しいと想定。 ◎10サングレーザー イスラボニータと軸を迷った…

2017 予想 第68回チャレンジカップ(GIII)

条件がころころ変わる重賞、今年よりハンデから別定に、距離1800から2000mへ。 阪神2000mは大阪杯と同じ舞台で内回り、直線が短い。外回りが直線473.6mあるのに対し内回りでは356.5m。開幕週ということもあり、先行できる馬、内枠の馬が良さそう。 全馬短評…

2017 予想 第51回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(GII)

中山名物のマラソンレース。スタミナ重視の方向で。3連覇のかかるアルバートが強すぎるものの、相手は何が来るかわからない、結構荒れるレース。 消1デルマサリーチャン 準オープンを10着で負けているようでは厳しいだろう。 ◯2フェイムゲーム 意外にもステ…