読書と競馬

競馬は文学である

2016-06-22から1日間の記事一覧

2016 ユニヴァーサル野球協会読了、次は古井由吉の「水」

240文字だっけか。その文量でおさえろというと下記のように書くしかないでしょう。 ポストモダン文学方面では語り尽くされている感があり、約半世紀前に上梓されたこの作に何と言葉を贈ったら良いのか。〈虚構〉-〈現実〉の境界が解体されていく、浸食されて…