読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書と競馬

こっちだよー。

2016 競馬回顧:宝塚記念など

競馬

 微妙というか、ヒモ抜けが思いの外多かったような気がする、少々フラストレーションのたまる日だった。

 

 購入1万4000円、払戻9550円。回収率68.2%。
 東京を2つ、阪神を4つ、函館を3つで計9レース。
 3連複1頭軸相手6頭流し15点が7つ。三連複1頭軸5頭流し10点を1つ。三連複フォーメーション2-7-7の25点を1つ。
(今回は単複買ってない)

 的中、阪神11R、阪神12R、函館9R、函館12R。的中率44.4%。

 

 東京8R、500万下ダ1400m、外れ。
 今週で東京開催は秋までお休みなので当てて終わりたかったがそうは問屋がおろしてくれなかった。この500万下では、久々のダート差し競馬。本当に、全然このタイプで決まるレースがなくなっていた傾向で、土曜の競馬を見ていても相変わらず前有利と判断するしかなかったのでマイティゴールド(石川)を軸にして軸抜け。
 差し競馬やるよ、って事前に言ってくれればそういう馬券の組み立て方したのに。
 東京10R、清里特別(1000万下ダ1400m)、外れ。
 ここは3着のシュウギンだけヒモ抜け。軸はアナザーバージョン。ルメール阪神にいったから大野が乗っているわけだがエージェント同じだっけ? ルメールと大野って。サンデーレーシングの勝負服、大野はまったく似合わないなあと見ていた。
 シュウギンの買い要素は不明。シンガリ人気でもおかしくない(16頭立て中の13番人気)。末脚炸裂、なのだが近5走見ても何も強調材料がない。ここと同じ舞台で先行して500万下を勝っている、この頃はやや脚を貯めて、を実践していたのだろうが、それにしたって上がりが早いわけでもなく普通に駄馬としか見られないんだが、何なんだこいつは。

 

 阪神6R、500万下ダ1800m、外れ。
 軸は来ている、ロイヤルパンプ(蛯名)、ヒモ抜けしたのがサウスオブボーダー(デムーロ)。前走未勝利勝ち上がりの馬。10分くらい考えてから消した馬だった。理由は、降級馬もいるし、500万下をずっと走っている馬もいるし、何よりダートのデムーロ、しかも条件戦の、となると屋根を信用できない、という感じで切ってしまった。
 せめて未勝利勝ちの内容で、1馬身くらいは突き抜けて勝っていてくれればヒモに入れられたと思う(未勝利戦ではクビ差凌いだだけ)。
 阪神10R、花のみちS(1600万下ダ1800m)、外れ。タテ目
 ここはもう、戦犯は決っている。3着以内馬は12番人気のメイショウスミトモもおさえてあった。これをふらりと立ち寄って読む人などに、私という人間がどう思われようと別に良いと居直って言う。
 モズライジン、中谷雄太。乗っかっているのは1枠1番で1番人気の先行タイプもとれる馬だ。それをだな、まずゲートで大きく出遅れて最内だからこれで致命傷なのに、手綱引っ張って強引に外に出し、出遅れた分をノータリンがごとくに取り戻さんと道中で無闇に脚を使って位置取りを上げて、直線向く頃にはバテている、お釣りがない状態。

 デビューから19年目になるジョッキーがこんな事をやるか? こういう騎乗をな、最低最悪のクソ騎乗というのだ、中谷、おまえ馬に乗るのヘタクソだからジョッキーなんかやめちまえ。美浦だろうが栗東だろうが関係ねえわ。
 阪神11R、宝塚記念(3歳上GI、芝内回り2200m)、ファン投票オールスター、春のグランプリ。
 的中。
 まず蛯名おめでとう、関東の騎手だから阪神でやるグランプリにはあまりチャンスがなかったか、でも初制覇できてよかった。
 それで、ここは3連複のフォーメーションを組んで絶対に当ててやるつもりで買った。現に当てたが配当妙味は少なかった、ガミってはいないが。キタサンブラックドゥラメンテを軸の1番手に2頭据える形をとった。どっちかが潰れると予想していた。キタサンなら後ろから突かれて直線で後方勢に飲み込まれる、ドゥラメンテならドバイ帰りのせいか末の脚が甘く伸びない、このどちらかを想定していたらそんなの無駄だったという。勝ったのは牝馬マリアライトだが、キタサンが予想以上にかなり強い馬だと再認識した。1000mで59秒1だから普通の馬だったら惨敗している。内回りだから前へ行くのは有利で、タップダンスシチー(私の事じゃなくて馬ね、友駿ホースクラブの晩成馬、この馬が大好きだから私の名前にしたの)やアーネストリーなどが勝つのだが、この時計で最後まで粘ったのは凄い事だ。
 ドゥラメンテも、マリアライトさえいなければ勝ったレースだったわけで、純粋に強い二冠馬だった。ドバイシーマクラシックで蹄鉄を打ち直せずに出走して2着したのは伊達ではないといった所。入着後、デムーロが後検量の前にゴール板通過してすぐに下馬した。左前脚跛行の故障とのことで、フランスの凱旋門賞は白紙になったが、ただの跛行であるのなら秋に国内で走れるだろう。この夏はゆっくり静養にあててもらいたい。
 阪神12R、リボン賞(1000万下ダ1400m)、的中。
 予想通りなので特に言うことはないが、ハラペーニョペパーを軸にしたが堅実ではあっても善戦止まりなのだなあ。クラスを上がりたくないというやつなのかもしれないが。準オープンからの降級馬だとそういうわけでもないのかな。

 

 函館7R、500万下ダ1700m、外れ。
 ここ9頭立てで、軸1頭、相手5頭も買って、それで外したので、「あ、今日の俺やべえ」と思った。北村友一のタイキオールブルーが抜けた。このメンツでは買えない事もないが少頭数こそ荒れるみたいに考えて、こいつ切って穴馬入れたのだった。
 函館9R、500万下ダ1700m、的中。
 エヴォリューション(四位)がよくやってくれた。1,2番人気が順当にやってきた中で多少はおいしい思いをさせてもらった。
 函館12R、津軽海峡特別(1000万下ダ1700m)的中。
 ガッチガチの3,1,2番人気の決着。その割には配当がついて3連複は12.8倍だった。オッズそこまで割れてないように思っていたが、まあいいや。

 

 来週から本格的に夏競馬。東京阪神は秋までお休み。福島競馬中京競馬(名古屋)、函館競馬へ。CBC賞よりラジオNIKKEI賞かな、頑張ろう。