読書と競馬

競馬は文学である

2016 応募作などの近況 執筆環境画像 Part3

 なんか煮詰まったというか脳味噌オーバーヒートしたので30分ほど脳味噌を休めている。

 スマホって便利っちゃ便利だな。私はまだまだ使いこなせないでいるんだけど、ケータイカメラで机の照明だけなのに結構撮れている。まあ3~4万円ぐらいしたデジカメ持ってるんで、府中とか競馬場行った時はデジカメ使うんだけどね。

 

 ということで執筆環境です。真正面から。(1)

f:id:TapDanceCity:20160826030937j:plain

 次。やや斜めから。(2)

f:id:TapDanceCity:20160826030655j:plain

 

 これくらいにしておこう。もう完全に遊びになっている。

 まあ、こういう感じになるよな。実はさっきまで「この美術部には問題がある!」を見ていたから休み時間1時間超えたし、もう再開しなきゃな。

 赤いラベルの瓶ものは、ウイスキー、ジョニー・ウォーカーのやっすい方の赤ラベル。そんでもって発泡酒ですらない、第三のビールクリアアサヒ、ロング缶の林立。

 パイプ(1万2500円した、スタンウェル)と、紙巻煙草シガレットのロングピースなどなど。それとあとは、そうだな、青い小型の瓶状のものはAmazonで輸入品扱い? なのか? のカフェイン錠100粒×2個ね。集中したいというより寝たら困るから飲んでいる。一粒カフェイン200mgなんだが、カフェインの致死量って意外と少ないというか数字小さくて。自殺教唆をするつもりは毛頭ない、というエクスキューズはしておくが、医者からもらった薬のオーバードーズよりよっぽど死ねると思うよ。オーバードーズはかまってちゃんだけにしようね。胃洗浄は意識ありだときついらしいよ。私はその時は胃洗浄なしで、活性炭飲まされただけ、入院も一日きりだったけどね。17歳の頃だな。*年前(詳細な数字を書かないのはプライベートの為です)か。やべーな、過ぎゆく時間やべーな、ビビるわ。

 PCはデスクトップ型、NEC。OfficeのWord。OSはWindows7pro。Windows10は頑なに断った。もう無料期間過ぎたとか小耳に挟んだしタスクバーからうるせーことはしてこないはずだ。

 

 今は原稿用紙39枚目。もしかすれば8月の27、28には初稿があげられるかもしれない。めでたいことだが、ちょっと計算違いというか私自身が盛り上がっちゃって、書き過ぎてしまった部分があって、これでプロット通りにことを運ぶと初稿は原稿用紙55枚くらいになっちゃうかなー、というのが憂鬱さね。

 50枚以内だからジャスト50枚は狙わず、まあたぶん48枚か48.5枚くらいで構成として書き終えるんではないかと目論んでいたが。

 ま、出来上がったら、とにもかくにも一旦保存してWordのウインドウを保存して閉じて、薄めの文庫本を2冊3冊読もうかな。藤沢周の「死亡遊戯」、鈴木剛造の「ラジオデイズ」、吉田修一「空の冒険」、余裕があったら庄野潤三講談社文芸文庫の「夕べの雲」。

 あんまり言わなかったけど、結構忙しいスケジュールになっちゃってるんで、原稿を何日眠らせておけるかちょっとわからない。

 そんでもって消印有効の9/6〆切だが、9/5には郵便局で出しておきたいな。当日にあたふたしたりしたくないし(ちょっとした失敗談あり)。

 

 推敲する際はまず、紙の無駄を気にせず環境破壊上等でとにかくプリンターで刷ってやらないとダメ。これは個人的な好悪ではなくて、ほぼ等しく創作する人はそうした方がいい。この差を説明することの知識を持ち合わせていないのだが、PCの画面で、書いた文字面を追うより、やっぱ、なぜか、紙に印刷して出したものを使うと、欠点が見えてくる。ゲラってやつか。いやでも、俺が初めて商業誌にお世話になった時は、ゲラはPDFだったな、どう違うんだろ、まあいいか。でね、そこに赤線引いたりして推敲するんだよ。

 元来として小説、及びそれを書く作家はアナログで、ワードプロセッサやPCが普及しても、この根本部分は変わらないんじゃないかな。もちろん、PCの画面上で確認するので十分だ! という人はいてもいいけど、悪い事言わないから紙に印字してそれを読んでみろって。結構気付かされること多いから。

 そういや安部公房の未発表だった遺作がフロッピーから出てきた、なんて話もあったな。やっぱ凄いよね、安部公房。さすがは東大医学部出身だよ。敵わねえな、その未来を見る目。

 

 まあ、なんというかもうそろそろ終わるわけだから、ここまでくると、とにかく書き上げたいわ。あと少し。時間かかったとしても4日以内には初稿は終わる。そしたらスーパー銭湯でも行きたいな。垢すりとかやりたいな

 奮発して整体師かマッサージ屋にでも行くか。

 

 はい、この辺でお遊びは終わり。ラストスパートかけていくぜ! ちょっとその前にウイスキーをストレートのシングルで(ダブルくらいの量飲むと寝ちゃうかもw)。

 

ちょっとだけ競馬のこと書いておくか。なんかすっかり競馬回顧やらなくなっちゃったな。これでも回顧しないだけで、いつも通りにダート戦を主にして3連複で8,9,10くらいのレース買ってるよ。先週はBSN賞も札幌記念北九州記念も外したけど、小倉8Rのダート1700m500万下でメイショウトリトン(12番人気)をなんとなく入れておいたら大的中で124倍の万馬券とれた。一日のプラスは4200円ほど。今週もね、もちろんやるけど2歳重賞はパスかな。いつもやらない。あれは無理だろ、POGやっている人が自分の指名した馬の応援だけしてればいいんじゃない? 新馬戦か、未勝利戦で1鞍2鞍しかレースやってない馬たちの予想なんて無理だろ、って昔から思っていてやっていないからね。新潟の障害重賞とキーンランドカップだな。