読書と競馬

こっちだよー。

2016 第59回毎日放送賞スワンステークス(GII)予想 (3歳上オープン別定、外回り)

 そろそろ逆神指定されそうな今日この頃の予想であるが。なんか府中はずっと芝は前々で全然わからない。普段、条件戦はダートしかやらんもの。まあ気持ちを切り替えて淀へ。

 京都競馬場JRA公式HPによると中間で25日(火)に若干の雨量を計測しており、また金曜の時点では(10/29 午前5時)、天候小雨ながら芝ダート共に良馬場発表。第4回京都全9日は仮柵なしのAコースとなっている。特に馬場や雨や、芝の内目の痛み等々は考えなくて良さそう。
 そして1400m戦だが外回りなので直線長いし馬の強弱を考えれば良いはず。現時点で人気順は(午前5時です)アラジン、フィエロダンス、アルビ、エイシン、バクシンと続いている。この上位6頭、特にサトノアラジンは大口が入った瞬間を見たから時間が進めば1番人気から落ちていると思うのだけど、ともかくこの6頭に大きな差は見当たらない。この辺はもう、好みで。

 

◎11サトノアラジン
 この馬好きなんでね。
 素質馬であるし中々GIがとれないのが歯痒いだろうがそれはさておき。戦績を見ると段々と距離を短縮していっている。1400は短いのではないかという先入観があったので連下扱いしようと思っていたが京王杯SCを勝っているのを発見して距離は問題なし、か。安田記念4着からのぶっつけだがポン駆けする方で、不安要素があるとすれば栗東の馬のくせに阪神は走っているが京都は菊花賞マイルCSしか使っていないということ。菊はどうでもいいしマイルCSも4着だったから多分問題ないのでは。本命。

 

◯8フィエロ
 戦績がスーパーホーネットみたい。あと一歩でGIタイトルに手が届かずに7歳秋を迎えてしまった。よって実力は言うに及ばず。京都大得意、スワンSは2年連続使って3着2着。対抗に落とした理由は馬齢のみ。

 

▲7バクシンテイオー
 鞍上ムーアにぐっと惹き込まれたが冷静に考えるとバクシンオー産駒で悩ましい1400mなのでここは単穴くらいの評価で。去年のスワンSでは4着。条件戦時代に1400の勝鞍はあるが、オープンに上がってからは好走はあるものの勝ててはいない。ムーアマジックだけが魅力。

 

 以下連下。
△9ダンスディレクター
 この秋はピリッとしていない。スプリンターズSではブービー負けだがステップのGIIなら通用していい。1400の距離で言えば昨年の阪神Cを2着。
△14アルビアーノ
 7ヶ月の休み明けはさすがに敬遠して印は△なのだが昨年の覇者だけに切るに切れず。
△1エイシンブルズアイ
 特に買い要素がないが切る要素も薄く、他の馬を切っていく作業でこの馬が残ったという、本当にそれだけ。ただ京都は得意、あくまで1200m戦の話だが。最内をどう捌くか。確か昨年はこのレースで福永は直線で落馬し大負傷してリーディング争いから脱落したが、今回は落馬するような馬ではないと思うので。

 

穴12サンライズメジャー
 十分買えるのに下位人気というとこの馬。14年スワンS2着、マイラーズC2着、前走である16年京王杯SC2着。他のレースでもGI以外ではだいたい掲示板前後を確保しているし、2,3着に突っ込んでくれる事を期待して。

 

買い目
3連複1頭軸相手6頭流し15点
11-1,7,8,9,11,12,14

GOOD LUCK!