読書と競馬

競馬は文学である

2016 予想 第50回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(GII)+第52回金鯱賞(GII)

 先にステイヤーズSの方から。春天を凌ぐ2マイル2ハロン3600mのマラソンレースなので、人気上位5頭が抜けている気がするが、年に一度しかない条件なのでなるべく手広く。フォーメーションで。

 

◎3アルバート
 アルゼンチン共和国杯を叩いて2着して順調。これが飛ぶようなら誰も馬券とれないのでは。

 

フォーメーションの2列目
☆6ジャングルクルーズ
 2015年のジャパンカップでまさかの4着好走。フロックではなかった事として今夏札幌開催の長距離OPで3着3着。勝つには相手が悪かろうが馬券内くらいはありそうだ。
☆7ファタモルガーナ
 長距離重賞の常連。過去のステイヤーズSでは2着2回、昨年は7着ながら年明けたダイヤモンドSで3着。3000m以上のGII以下なら安定勢力。
☆8モンドインテロ
 2400m以上のステイヤー路線に切り替えて成績上昇も今の所は前走アルゼンチン共和国杯4着が最高。ただ大崩れはないし、やはりこの馬も勝てる気はしないが馬券内は固く見える。
☆13カムフィー
 昨年の当レース2着馬。15年にはダイヤモンドS3着もあり、中距離で走らせたいのだろうが適性は長距離だろう。

 

△1サムソンズプライド
 こなしてきた距離で判断した。なくはないかな程度だが。
△4タマモベストプレイ
 ホットプレイ産駒の突然変異か長距離で好戦を演じてきた。札幌の長距離は昔からよく走っているしそれは今夏も確認できた。まだ6歳、枯れているわけではなかろう。
△5プレストウィック
 切るに切れず。中山得意の鞍上で何処まで。

 

買い目は3連複フォーメーション
3-6,7,8,13-1,3,4,5,6,7,8,13
これで18点。

 



 続いて金鯱賞。こっちが全然わからんというか長期休み明けの実績馬が多すぎる。改修前の中京コースでは、宝塚のステップだったがその時は強い逃げ馬が爆走したものだが、今はそうでもない。だから前に入ればそれで良いというわけでもないと思っている。
 とは言っても開幕週なので、その先行タイプが目立つ長期休み明け実績馬が踏ん張っている所を何かしら差してくるという感じで予想した。

 

◎8ヴォルシェーブ
 実績面ではサトノノブレスに劣るがあっちは鞍上が、という理由でみんなこっちを買ってますね? 私もです。5戦続けて上がり最速をマークしているので奇策に出ず直線で目一杯追えばいいと思う。

 

△2レコンダイト
 今年の中日新聞杯3着があっては切れない馬。
△3パドルウィール
 まだクラスでは準オープン馬だが強すぎた3走前を筆頭に中京は合うタイプ。
△6リアファル
 この馬は強いはずだけど1年ぶりなので軸にはできない。
△7サトノノブレス
 中京コースに限っても金鯱賞2着1回3着1回、今年の中日新聞杯勝ち馬。実績面と順調度ではダントツだが誰だ? この屋根は。日本人を乗せろ。鞍上不安。

△9トーホウジャッカル
 菊花賞だけの1冠馬は、そのタイトルのみで枯れていくケースが多々あるが、あくまで中山長距離でなく中京中距離を選んだ辺り、やる気は感じられる。
△13ヤマカツエース
 取捨に迷ったが、GIでは力不足もGIIまでなら格好つけているので侮れない。

 

買い目はシンプルに3連複1頭軸流し相手6頭。
8-2,3,6,7,9,13 15点

GOOD LUCK!!