読書と競馬

こっちだよー。

2017 第52回デイリー杯クイーンカップ(GⅢ)予想

 JRA公式の馬場情報では2/9の天候不順の際、4.0mmのみぞれで雨量を計測しているが芝ダートともに良馬場発表。乾燥する季節でもあるし、さほど問題視しなくてよいだろう。

 で、クイーンCだが、前に行く馬がかなり多い。もちろん世代限定戦なので抜けた強さを持っていれば前目に行ってしぶとく残せるだろうが、単純に競馬のセオリーを考えると差し勢優勢だろう。こう考えていくと、たぶん今年もクイーンCは固いか小波乱程度ではあるまいか。
 それとクイーンCに出られるのは抽選も含めて最低でも1勝していなければならない。500万で凡走している馬の場合、壁が見えてしまっているので成長していないと厳しい。逆に実力未知である新馬戦1戦1勝馬をどこまでおさえるか、それが意外と鍵になる。

 

 3連複2頭軸を想定。
◎6フローレスマジック
 2頭軸にするので本命対抗と分ける必要は個人的にはないんだけど、あえて印を区別するとこっち。同配合全兄全姉にラキシスサトノアラジンがいる良血。府中のマイルを2回使って連対外さず。アルテミスSで半馬身差負けた相手はリスグラシューで阪神JFを2着。末脚抜群であり、枠もほぼ真ん中なので十分勝ち負け。戸崎を乗せてきたとはいえ、テン乗りでどうか、くらいではないか。
◯15アドマイヤミヤビ
 前走が500万の百日草特別だが負かした相手がカデナでラジニケ杯京都2歳S勝ち馬なので、強いだろう。府中の2000mを勝ったわけで、距離延長組より短縮組が良い、というのはマイル戦の一つのポイントである。本命馬に負けない末脚を持っておりこちらも勝ち負け。外枠だが直線勝負するだろうからさほど心配はいらない。で、こっちはルメールで継続だが本番の桜花賞ルメールは違う馬に乗る。それがどうでるか。

 

上記2頭が抜けている、と判断。2頭軸にしたからにはヒモが抜けると非常に悲しいので多めにチョイスした。

 

▲8レーヌミノル
 先行馬の中では一番だと思う。重賞3戦して複勝率100%。ただ1200mの小倉2歳Sで1着、1400mの京王杯2歳Sで2着、1600mの阪神JFで3着。面白いように距離が伸びるごとに着順を落としている。マイルが精一杯と映ってしまう。
▲12モリトシラユリ
 この馬は単純に前走重賞のフェアリーSで上がり最速を使って3着に食い込んだのを評価した。未勝利脱出がダート戦だったので、それが原因で人気しないなら美味しい存在である。

△1トーホウアイレス
 アルテミスSであまりに走らなくて12着に大敗。ただしそこだけ目をつむれば、出走馬を見渡すとサフラン賞勝ちの芝2勝馬であるという点は大きい。差し脚質だしおさえる。
△3ハナレイムーン
 新馬の内容が強かった。府中で33.7秒の脚を使えたので、その脚がまた使えるならば複勝圏ありうる。
△4コマノレジーナ
 こっちも新馬戦勝ちで、相手がどうであろうと上がり最速で3馬身離して楽勝した点は3番と変わらない。3,4のどちらにも言える事だが馬体重410kg台が心配。
△7ディヴァインハイツ
 これも新馬戦勝ちなのだけど1と1/4馬身離したのでなくはない。道中じっくり構えれば。
△11アエロリット
 鞍上が鞍上なだけに今回も先行するか素直に信じきれなかったし、実際フェアリーSで2着する実力はあるので入れた。来るかどうかは鞍上の作戦如何。
△13スズカゼ
 前走菜の花賞で2勝馬になれた点は大きい。重賞で全く勝負になっていないし、先行したら結果出たというやや嫌いたい馬なのだが、穴に一考で。

 

買い目
3連複2頭軸相手8頭の8点買い。
軸6-15
相手1,3,4,7,8,11,12,13

 

ワイド6-15の1点買い。

 

上記2つの券種の賭金をどうするかはオッズが出てから決めようと思う。
GOOD LUCK!