読書と競馬

競馬は文学である

2017 予想! 第26回アーリントンカップ(GⅢ) 02/25(土)阪神外回り1600m

 武幸四郎、ジョッキー引退ということで、そこそこやれていたジョッキーの引退というとミッキー(松永幹夫)の阪急杯ブルーショットガンが思い浮かぶのだけど、どうでしょうね。あの時は私はコスモサンビーム本命で、途中で予後って可哀想な結果になったりしたし、鮮明に覚えている。

 さてさて2017年のアーリントンカップへ。阪神中山開催の開幕週。ということで、前に行った馬が残りやすいことは言うまでもない。それは頭に入れておくべきだが今回は12頭立てで、大逃げで一杯食わされるということもなさそう。素直に実力、戦績、この辺りを見ていけばいいのではないか、と。紛れの要素があるか? と思うし大荒れはないんじゃないか。先行から中団辺りで折り合って好位差し、これが一番うまくいく気がする。

 

3連複フォーメーション想定 1頭→2頭→8頭の13点。
◎8ペルシアンナイト
 前走のシンザン記念こそ、キョウヘイの追い込みに負けての3着で、上がりも3位だったわけだけど、差は0.2秒。開幕週に限っては、道中6番手前後に位置取りする脚質がハマりそうである。4戦して馬券内を外していない堅実ぶり。鞍上デムーロも良し。初めての阪神がどうか、くらいか。

 

◯3キョウヘイ
 入れないわけにはいかないシンザン記念勝ち馬。ここでマクって突き抜けられるなら本物だと認識せざるをえない。ただこの馬、千両賞2着やシンザン記念1着は重馬場で出した着順。むろん、良馬場の小倉2歳Sで4着しているので、馬場が渋らなければ走らんという馬ではない。差し届かずも健闘して2,3着というイメージかな。
▲2ディバインコード
 打って変わって先行馬。5戦して馬券外なし。ハナにこだわる馬じゃないが、この枠だし、外目の先行馬が行かないなら行っちゃうのかな。京王杯2歳S3着、オープン特別ジュニアカップ2着と現時点での3歳馬としては優秀な戦績。むしろ関西圏で馬券に入ってくるイメージわかない鞍上が問題かもしれん。

 

△4レヴァンテライオン
 朝日杯をブービー負け。ただし腐っても中央芝重賞の勝ち馬。函館2歳S勝ちがきらめく。
△5ジョーストリクリ
 500万特別なずな賞を上がり2位で勝ち。負かしたデスティニーソングは先週500万特別を勝ち上がったので、前走のレベルは低くはない。予想される位置取りも合いそうだし、ヒモなら十分。
△7ナンヨーマーズ
 勝ち負けには厳しい感じ。9番手に下げても上がりは3位しか出せず。テン乗りとはいえ、ルメールで怖いしおさえるが。ちなみにデータとしては500万特別で3着以内なら来ないことはない、となっている。
△9ミラアイトーン
 鞍上に武幸四郎。それはいいとして、京都だから出た時計だとしても前走上がり33.8秒を繰り出してきた。2000mの葉牡丹賞が長かったとしたらマイルは丁度良さそう。
△11ヴゼットジョリー
 牡馬に敵う敵わないの議論は、新潟2歳S勝った、で終わるわけだが、やっぱりちょっと信頼したくない。それに牝馬戦線なら上位の馬なので桜の舞台が本番。ここで公開調教されても文句は言えないと思う。
△12レッドアンシェアル
 朝日杯8着を除けばもみじS勝ちの芝2勝馬。中団くらいで進めそうな点も良し。

 

買い目
3連複フォーメーション
8―2,3―2,3,4,5,7,9,11,12
の13点。

GOOD LUCK!!