読書と競馬

競馬は文学である

2017 予想 第53回札幌記念(GII)

 一ヶ月ぶりくらいの更新。どうもこの夏は忙しいのだが、せっかくの夏の祭典なので芝レースだけど札幌記念を予想しよう。

 土曜の札幌の芝は、小回りという特質も手伝っているのだが断然先行有利。チョイ差しは決まる。むろん、洋芝適性も重要な要素だ。函館、札幌での実績は評価していきたい。

 

 三連複フォーメーションで予想。
一列目
◎6タマモベストプレイ
 短距離一族母ホットプレイから出た突然変異のステイヤーで、もしかしたら丹頂Sが目標かもしれない。が、恐らく函館記念でも同じような事を考えて外した人が多いはず。
 若き三歳の頃であればシンザン記念3着、きさらぎ賞1着、スプリングS2着と中距離でも重賞実績はあったのだ。とすれば前走函館記念2着はフロックとも思えない。距離に目をつむれば洋芝適性、特に札幌適性が異様に高い。必ず先行する脚質は強力な武器になる。
◯3ヤマカツエース
 徐々に力をつけ、今やGIの一つくらいは勝てそうなものだといった所まで這い上がってきた馬だけに、この札幌記念は秋競馬の叩きだろう。だとしても有馬記念4着、大阪杯3着、金鯱賞連覇など実績はじゅうぶん過ぎる。
 洋芝はどうなのかというと、少し微妙。15年に函館記念3着好走。札幌記念は今年で3年連続の挑戦で4着、5着。能力でこなしているだけで洋芝が得意とは言えなさそうだが、この馬、脚質は自在。池添含めた陣営が位置を取りに行く作戦なら勝って全然おかしくない。

 

二列目
(本命、対抗に加える形で)
▲5マウントロブソン
 前走福島テレビOP(オープン特別)で見事に長期休養明けを勝利スプリングS勝ち馬であるように好走は中山、小倉、福島と小回りを得意としている。函館や札幌の出走経験がないため適性があるか未知数だが、鞍上モレイラが前につける競馬をするだろうから期待できる。しかしながら騎手人気しているきらいはある、本命対抗級ではない。
☆11アングライフェン
 前走、前々走を重視して。巴賞2着、函館記念4着。洋芝が合っているのだろう。函館記念にしてみれば2着~5着まで2:01.4の時計で並んでいる。勝ったルミナスウォリアーと0.2秒差。人気はないはずだから馬券内に入るだけで配当が跳ねる。

 

三列目
△7サウンズオブアース
 実績で言えばこの馬が抜けているだろうが、海外帰りだけにこの馬もここは秋競馬への叩き。洋芝も出走した経験なく未知数、鞍上からして本気で走らせる気があるか微妙である。馬は頑張っているだろうが鞍上にも頑張ってもらって良い位置をとってレースを進めて欲しい。
△9ディサイファ
 8歳となり、旬が過ぎた感はあるが洋芝は得意。昨年の当レース覇者。見限れない。
△13エアスピネル
 期待される素質馬で実績馬でもあるが、どうもパッとしない所がある。洋芝もこれが初出走だしわからない。重賞で好走を続けてきており掲示板を外した事がない堅実さから連下にはおさえる。

 

買い目
3連複フォーメーション
3,6→3,5,6,11→3,5,6,7,9,11,13
の19点。

GOOD LUCK!!