読書と競馬

競馬は文学である

2017 予想 第20回富士ステークス(GIII)

 マイルチャンピオンシップの関東の前哨戦である富士S(GIII)。しかし良く降る雨である。府中では明日も降雨らしい。金曜時点で重馬場発表、悪くなる事はあっても良くなる事はないだろう。
 というわけで道悪を得意にしている馬を評価していきたい。また荒れるレースとして有名なので、手広く買っていく。

 

◎11グランシルク
 馬場状態の悪い時に出走する事が多かっただけかもしれないが、稍重、重の経験と好走は今回のメンツの中では一番多い。勝ちきれないが堅実な馬で、掲示板外は3回しかない。特に2017年はニューイヤーSから前走の京成杯オータムHまで全部3着内。まさに不動の軸馬である。

 

△1サトノアレス
 昨年の朝日杯馬。やっと得意のマイル戦。能力は間違いなくあるのだが、前走重馬場の函館記念で案外だったのが気がかり、ヒモに。
△4ガリバルディ
 前走京成杯オータムH2着、昨年の当レース5着馬、中京記念で重賞馬になっている。ムラッ気のある馬でいつ好走するかわからないので入れておく。
△5ペルシアンナイト
 デムーロ鞍上が心強い。この馬もマイラーで、皐月賞2着はよくぞやったという感じ。重馬場はシンザン記念で経験し3着。極端に嫌う方ではないようだ。
△6エアスピネル
 この馬もマイラーである。生涯一度も掲示板を外した事がない(6着以下がない)という、超堅実派。軸にしようか迷ったが渋った馬場の経験が浅いためヒモへ。
△8ロードクエスト
 マイル重賞2勝、NHKマイルC2着。早熟説が流れているがまだまだ見限れず。
△10クラリティシチー
 道悪の鬼かどうかは疑問だが3走前の不良馬場の都大路S2着を評価。重賞好走の経験もあり、前々走エプソムC4着がある事から格負けはしていない。

△15イスラボニータ
 いまさらこの馬の輝かしいキャリアを列挙しても仕方がないのでしない。ただただ大外枠が悔やまれる。昨年の当レース2着馬。

 

買い目 3連複1頭軸7頭流し
11―1,4,5,6,8,10,15 の21点。
GOOD LUCK!!