読書と競馬

競馬は文学である

2017 予想 第53回京王杯2歳ステークス(GII)+第8回みやこステークス(GIII)

 三日間開催は楽しい。で、土曜重賞やダート重賞、障害重賞に光を当てようのスタンスでやっているので、京王杯2歳SみやこSを予想する。

 

 京王杯2歳S

 少頭数11頭でもある事から、ハイペースはありえない。位置取りは好位が良いのだがこの際問わない。ヨーイドンになりそうなので、切れる脚、終い3ハロンで良いタイムを持っている馬を重視。

 

◎9エイトシャイデン
 同配合(ディープインパクト×ルシュクル)の全姉にブランボヌール函館2歳SキーンランドC勝ち、阪神JF3着など)がいる短距離馬の良血。新馬戦勝ちの1勝馬でまだ実力はわからない。が、舞台が坂のない平坦な新潟だったにせよ、稍重で出した上がり3ハロン33.6秒は驚異的だ。キレキレの脚を評価。


◯1タワーオブロンドン
 まあ普通に考えればこの馬から入るのが妥当だろうと思う。勝ち方も派手であるし。ただ上がりのタイムは大した事ない。ききょうSのあった阪神ではその日の古馬1000万下で33.6秒の脚を繰り出している馬が勝っているように、35.2秒じゃ不満である。鞍上を見ると無視はできないが。
▲5タイセイプライド
 これもまあ、鞍上が魅力的だし勝ち方も派手であった。ただし上がりのタイムがね。中京、新潟で35秒前後だとちょっと。
△2トーセンアンバー
 牝馬限定の500万下特別で勝ちきれないのがマイナス材料だがこの馬、中山芝で上がり34.0秒を繰り出してきた。東京芝の未勝利で33.0秒をマーク。侮れない。
△6カシアス
 函館2歳Sを勝っているのだから当然おさえる。
△8アサクサゲンキ
 恐らくハナを切る事になる。府中で逃げるのは楽じゃないが小倉2歳Sを勝っているからおさえる。
穴10ピースユニヴァース
 単純に上がりだけ見て。前走未勝利と言っても繰り出した上がりは33.6秒。

 

買い目 3連複1頭軸流し
9-1,2,5,6,8,10 15点。




みやこステークス

 京都ダート1800mは、そりゃあダートなので先行が正攻法だが古馬の重賞ともなると様相は異なる。差し脚に自信がある馬が決勝線手前で交わしていく光景をよく見るものだ。今回は先行馬がまあまあ揃っているので前目は厳しい事になりそう。
 また大外、特に8枠は死に枠になっている。という事でここは後方勢をあえて狙ってみたい。

 

◎12キングズガード
 枠は可もなく不可もなし。前走マイルチャンピオンシップ南部杯3着。1400をずっと使ってきた馬だがマイルでもそれなりの成績を残してきた。遡れば1800mの好走もあったわけで。堅実に上がりをまとめてくる馬。距離不安で嫌われるだろうからこそ、狙ってみたい。展開さえ味方すればこの馬が浮上してくる。

 

◯16テイエムジンソク
 2017年は着外がない、という超堅実派。重賞でも通用する事がわかったのが前走エルムSだった。ただ大外は厳しいだろう。先行馬に向く展開ならこの馬が一番だが。5月から使い詰めなのもどんなもんだろうか。今回も好走するなら力は本物。
▲4トップディーヴォ
 中団で控える脚質。京都のダート中距離の実績はあるのだが、重賞にいたっては前走シリウスS4着が最高。逃げ先行よりはマシで、一瞬この馬を本命にしようかと思ったが、やはり実績が足りない。鞍上も何をするかわからない。
△5アスカノロマン
 実績は言わずもがな。問題は枯れたかどうかだ。まだヒモにはおさえておかないと怖い。
△11ローズプリンスダム
 レパードS覇者。エピカリスを封じた。フロック視されている感があるのでヒモに入れておくとおいしい配当を持ってきてくれる。鳳雛S(京都ダート1800、3歳限定オープン)で勝っているようにこの舞台の実績もある。好位に控える脚質も良し。
△15エピカリス
 持っている力が違うはずだがまだ本調子ではないのだろう。ここはヒモに留める。
穴3タガノヴェリテ
 なくもない。内枠なのも良いし、上がりのタイムは早い。展開ハマれば、というか私が考えている展開、前崩れになるなら当然この馬も入ってくる。京都1800mを連勝中でこの人気なら買いだ。

 

買い目 3連複1頭軸流し
12-3,4,5,11,15,16

GOOD LUCK!!