読書と競馬

競馬は文学である

2017 予想 第12回阪神カップ(GII) 芝1400m(定量)

 有馬記念の軍資金を稼ごうの精神で。舞台は阪神芝1400mでこれは内回り。フィリーズレビューと同じ舞台。古馬オープンレベルともなると、内回りといえどもペースは早くなりそうだ。前に行く馬は厳しいと想定。

 

◎10サングレーザー
 イスラボニータと軸を迷ったがこっち。今週と来週のホープフルSまでは3歳馬は有利。斤量の話ね。年が明けたら一斉に4歳古馬になるのに、今年中は古馬より軽い。
 白梅賞こそ9着だがその後6回走って4勝、2着1回3着1回と堅実な走り。同舞台の阪神1400も好走している。3歳でスワンS勝利、マイルCS3着。これだけ強いのに1kg軽いのは反則だとさえ思う。脚質も合いそう。軸馬に最適。

◯2イスラボニータ
 昨年の阪神カップ2着。実績はもはや言う必要がないだろう。得意のマイルCSが5着だったので軸にはせず。ラストランとの由。安定感のある馬で何度もお世話になった。お疲れ様と言いたい。

▲5レーヌミノル
 思えば今年の3歳は強い、しかも牝馬の方がレベル高い、なんてことが今年の春に言われていたはずだ。桜花賞では、距離長いと嫌われ8番人気だったが勝ったのはこの馬。マイルまではこなせるらしい。同舞台のフィリーズレビュー2着。前走は不人気ながらもマイルCS4着。牝馬はこのレースでは買いづらいとのデータがあるが、馬そのものを見れば十分評価できる。

 

△7モズアスコット
 いきなりハイレベルの阪神カップで通じるかはわからない。フランケル産駒で、かつ着差をつけて連勝中、鞍上はクリスチャン、こういった材料で人気しそう。といっても前走は1600万条件。様子見のおさえ。
△8エポワス
 阪神1400mの連対率100%。前走はキーンランドカップ勝利。このレースは前走、マイルCS組か、前走重賞好走組が良いとデータにある。馬齢と4ヶ月の休み明けで人気しなさそうだが、十分馬券内ありうる。差し馬で、前走上がりは最速。
△9ビップライブリー
 取り立てて強調材料がないのだが、前走は京阪杯2着。スワンSも4着ということで何気に重賞を好走している。
△18シャイニングレイ
 ホープフルSを勝ったことで中距離を使われたがダメ、ダートを試してもダメ、じゃあ短距離で、とやったら成功した馬。前走のCBC賞は上がり最速で勝利。半年の休み明けを克服できれば馬券内あり。

 

買い目 3連複軸1頭6頭流しの15点
10-2,5,7,8,9,18
GOOD LUCK!!