読書と競馬

競馬は文学である

2017 予想 第140回中山大障害(J・GI) 中山(土)10R 14:45発走

 めっちゃ楽しみな障害GIレース。大障害コースはとにかく過酷。全馬無事完走を祈る。強い2頭がいる。この2頭で決まると思うので3着以内の中のもう1頭を探して。

 

◎7オジュウチョウサン
 特に言うことないでしょ。東京ハイジャンプでしっかり叩いていて、全く隙がない。2年連続の障害GI春秋制覇へ向けて視界良好。
◯6アップトゥデイト
 オジュウチョウサンさえいなければ、と思っていることだろう。2015年の障害GI春秋制覇した馬。その後も、2016年の新潟ジャンプSこそ8着に敗れたが、それ以外は全部馬券内。安定感抜群。

 この2頭が強力すぎる。あとは3着内のもう1頭を探す感じだ。

 

 

△3スズカプレスト
 京都ジャンプS(J・GIII)、京都ハイジャンプ(J・GII)で両方3着したようにたぶん京都の障害コースが得意なのだろう。とはいえ障害重賞で馬券内に入る力はあるということ。前々走で中山の清秋ジャンプS(OP)を勝っているし中団待機の馬なので、上位2頭を負かしにいって脱落した馬を差して3着確保というイメージは湧く。
△4シンキングダンサー
 これも中団待機。前走は府中の秋陽ジャンプS(OP)を勝利。東京ジャンプS(J・GIII)を勝っているように、こっちは府中の障害コースがあっているのだろうが、障害重賞勝ち馬だし買える。
△8サンレイデューク
 差し馬である。2015年の中山大障害中山グランドジャンプで両方3着という成績を残したあとは着外が続いていた。今春の中山グランドジャンプで久々の2着。着外が続いた頃も4着が多かったように、何かの加減で3着ならなくもないなと。
△9ミヤジタイガ
 かつての弥生賞2着馬。カシオペアSを勝ったこともある。
 障害に転向して、まだ障害重賞では結果が出ていないが中山大障害の好ステップレースであるイルミネーションジャンプSを2着。正攻法の先行タイプで、平地時代の成績も鑑みれば侮れない。
△13マイネルフィエス
 今夏の小倉サマージャンプ(J・GIII)を3着してから、次の阪神ジャンプS(J・GIII)も3着、続いて前走京都ジャンプS(J・GIII)でついに障害重賞制覇。力をつけてきた好調な馬、おさえる。
△14クランモンタナ
 今春に障害デビュー。2016年の小倉記念勝ち馬、他に新潟記念2着など。平地の重賞勝ち馬だけに期待されていて人気しすぎてしまうかもしれない。実際、まだ障害レースではオープンも勝てていない。 イルミネーションジャンプSは3着以内馬がよいとされる中で4着。私は一応おさえるが、少々怪しいと見ておいた方がよい。
△15ルペールノエル
 中団やや前に位置取る馬。昨年の中山大障害3着馬である。前走は阪神ジャンプS(J・GIII)を2着と、叩きにしては上々だ。


買い目 3連複軸2頭で7頭流して7点。
6,7-3,4,8,9,13,14,15
GOOD LUCK!!