読書と競馬

競馬は文学である

2018 予想 第53回デイリー杯クイーンカップ(GIII) 02/12(月曜、祝日)

 3連休の最後、祝日の月曜に行われる3歳牝馬限定府中マイルの重賞、クイーンカップを予想する。軸は人気上位、ヒモに穴1頭を警戒という感じ。
 過去10年の前走クラス別では前走重賞組6勝(うち、阪神JF組3勝)、あとの4勝は500万下組から。重賞組の着順は問わないが(好走している方が良いが)、500万下組は1着馬を重視。前走重賞好走を軸、前走500万下勝ち馬も重視、あとは手広く流して穴馬を拾おうと、まあそんな感じでよろしいのではないか。
 あと今回のクイーンカップは逃げ先行馬が少ない。どのような展開であれ、府中だし、上がり3ハロンで良いタイムを出している馬を重視したいところだ。

 


 

3連複フォーメーションで買う。

1列目
◎10マウレア
 新馬赤松賞(500万下)で府中マイルを2連勝。前走は阪神JF3着。上がりも33秒台出せる。ひょっとしたらある程度の位置にいないと届かないかもしれない展開も予想される中で、あくまで追い込みではなく差しの脚質。軸はこの馬で固いでしょう。

 

2列目
◯13ツヅミモン
 本命にしようか非常に迷った。牡牝混合のシンザン記念2着なのだから能力は高い。鞍上デムーロというのも怖い。ハナを主張する馬がいないっぽいので、単騎逃げに持ち込みそうで、またそれがハマりそうで非常に怖い。ただ、府中マイルを逃げ切るのはそうそうできない事なので、本命は見送った。馬券が外れるとしたら本命馬末脚不発でこの馬が逃げ残る感じだろう。
▲12レッドベルローズ
 新馬は府中マイルで上がりを33.5秒。前走はフェアリーS3着、上がりも3位。普通に買える。
☆14オハナ
 この馬が絡んでくれると嬉しい。中穴みたいな人気になっている。前走500万下特別、菜の花賞を1着。今回のメンツの中で唯一の前走500万下勝ち馬。府中マイルの上がりも33.6秒を持っている。重賞組と差のない力を持っていると思われる。

 

3列目
△1ナラトゥリス
 赤松賞3着。理由は知らないが新潟、府中と左回りだけ走って結果を出している。上がりのタイムは実は1番速い、33.0秒を持つ。侮れないどころか勝つ可能性も十分と思う。差し馬なので枠が最内なのがちょっと痛いかも。
△2フィニフティ
 未勝利戦からの直行馬は買えないが新馬戦1着からの直行なら買えるという傾向が本レースにある。新馬を1番人気で1着。おさえる。
△6テトラドラクマ
 微妙。2走前の未勝利戦が2着馬に5馬身つける圧勝だったのでおさえる。
△8ロフティフレーズ
 これも新馬を3番人気とそれなりの人気で1着。おさえる。
穴7キャッチミーアップ
 大穴はこれ。前走、マイルの500万下を3着。派手さがないし、パッとしないのだけど馬柱は綺麗。実際、着外は今のところない。
 切る条件として前走500万下着外組、前走未勝利組、前走1600m未満組、という感じで取捨選択したのだけど、どれにも当てはまらないのにこの人気。
 上がりもそれなりに出る方だし、おさえておいて損はないでしょう。

 


 

買い目
3連複フォーメーション
10―12,13,14―1,2,6,7,8,12,13,14の18点。
グッドラック!!