読書と競馬

競馬は文学である

2018 予想 第25回チューリップ賞(GII)

 土曜、阪神マイルで行われる桜花賞トライアル、チューリップ賞を予想する。今年からGIIに昇格との由。びっくりした。それはさておき、阪神JF組が強いレース。大まかな傾向としては1番人気堅実。ときおり穴馬が来る、といった感じだ。
 
 で、今年は阪神JF1,2着馬が相当強い。10頭立ての少頭数なので固いレースだと思っている。買い目は絞った方が良さそう、ということで3連複2頭軸で臨みたい。


◎5ラッキーライラック
 阪神JF勝ち馬。現在3連勝中。なんかもう、特に言うことがないんだが。ここまで圧倒的なパフォーマンスを示しているので、逆らいようがない。無敗で桜花賞へ進めるかどうかくらいで、馬券圏内は確実と思われる。
◯9リリーノーブル
 阪神JF2着馬。この馬も特に言うことがないなと思えるくらい、強い内容でここまで来た。強いて言えば開幕から間もない現在の阪神ではやや先行有利。この馬はまあまあの位置をとりに行く馬なので、その点はプラス材料だ。この馬も馬券圏内を外すイメージが思い浮かばない。


 上記2頭が抜けていると判断し、2頭軸。


△3スカーレットカラー
 追い込み脚質の宿命として、なかなか勝ちきれず、1勝馬。しかしながらフェアリーS2着など、光る部分はある。
△4マウレア
 阪神JF3着馬だが、前走クイーンCでまさかの5着。しかしながら、全姉にアユサン(13年桜花賞制覇)がいるように、まだ見限れない。
△6レッドランディーニ
 中穴候補。昨秋の未勝利戦から上がり3ハロンで良いタイムが出せるようになってきた。差してきて、しれっと3着にいて不思議ではない。エルフィンS組なのも買い材料
△8シグナライズ
 前走は紅梅Sを4着。前々走では秋明菊賞(500万下特別)を勝っており、2勝馬だ。距離もマイルより1400の方が良いのかもしれないが、ヒモとしてならおさえておきたい。
△10サラキア
 新馬勝ちの1戦1勝馬。その新馬戦は2着に1.3/4馬身つけた。未知の魅力ありと思い、おさえる。

 

買い目
3連複2頭軸、5頭流しで5点。
5,9―3,4,6,8,10
グッドラック!