読書と競馬

競馬は文学である

2018 予想 第23回ユニコーンステークス(GIII)

 府中ダート1600m、3歳限定のユニコーンSを予想する。
 雨がどれほど降るのか、そして馬場が渋って傾向がどうなるのかがわからないのだけど、先週も差しが決まらないことはなかったし、水が浮くような不良馬場まではいかないだろうから、まあ、普通に予想しようかな、と。
 それなりに逃げ馬がいるので少なくともスローペースにはならないはずだ。狙い目は好位や中団、あるいはやや後方の馬だと思っている。ということで脚質逃げ、あるいは前走や前々走を2番手以内で進めていたような馬は軽視。

 

◎14ルヴァンスレーヴ
 ダートのデムーロって、ちょっと不安になるのだけど、馬が強いし、3着以内は外さないだろうと判断。府中ダートマイルはプラタナス賞で経験済みで且つ圧勝しているし、なんと言っても全日本2歳優駿を勝った唯一のGI馬だし。
 脚質的にも多少の自在性がある。先頭集団の後ろ、または後方からでもいける。操縦性の良さもこの馬の魅力の一つだろう。前走こそ2着で連勝は途絶えたが、年明け初戦の叩きとしては優秀な結果。実績を素直に評価して軸。

 

△2タイセイアベニール
 不人気? なのかな。前々走まで芝で走っていて、距離も1200mが主だったから短距離馬と思われて嫌われているのか。前走、初ダートだった端午Sでは上がり3ハロン2位の末脚で2着なのだし、ヒモに入れておくと面白そう。
△3プロスパラスデイズ
 前走は500万条件とはいえ、同舞台で3馬身半つけた圧勝劇だった。強いでしょ、この馬。いや、強いって、マジで。穴馬として結構、期待している。
△5グレートタイム
 面倒くさくてちゃんと印をつけていないが、つけるとすればこの馬が対抗。(2-3-0-1)という戦績で連対率は83%と、非常に安定感ある馬。唯一馬券外だったのが同舞台のヒヤシンスSなのだけど4着なら悲観するほどではない。展開も味方しそうだ。
△7グリム
 ここと同舞台の青竜S組はユニコーンSと相性が良いから入れた。ただハナ争いするくらい前に行ってしまうと直線迎えてお釣りがないと思うので、青竜Sの時のように4番手前後に控えてくれれば。
△8ハーベストムーン
 逃げ馬で入れるとしたらこの馬しかいない。あとはいらんでしょう。5戦して着外が一度もないのだから、おさえておかないと怖い。
△10バイラ
 端午Sを強い内容で差し切り勝ち。有力馬の一頭だ。外せない。

 

買い目 3連複軸1頭流し
14―2,3,5,7,8,10 15点

グッドラック!!

2018 予想 第71回鳴尾記念(GIII)

 阪神、芝内回り2000mで行われる鳴尾記念を予想する。
 開幕週であること、外回りではなく内回りであること、この二点に注意したい。つまるところ、先行有利ということだ。ただ、とにかく前に行けばよいとか、逃げればよいというわけでもない。道中、4,5,6番手辺りに控えて、好位差しできる馬がベスト。

 

◎2トリオンフ
 脚質的に前に行き過ぎず、後ろに控えすぎず、ちょうどよい位置取りから攻めてくれる。小倉大賞典を勝った時のような競馬をしてくれれば突き抜けるだろう。新潟大賞典は4着だったがタイム差は0.2秒でしかない。大阪杯が8着だったように、まだGIでは怪しいが、GIIIなら勝ち負けできるはずだ。

 

△5トリコールブール
 重賞の好走歴こそないものの、前走の大阪城Sの勝ち方、上がりの33.3秒は凄いものだ。無視できず。
△6マルターズアポジー
 いくら前有利といってもさすがに逃げは垂れてしまうのがオチだが、昨年のステイインシアトルのようなこともある。何よりこの脚質で重賞3勝しているので、怖いし、おさえる。
△7ナスノカイセ
 前走、新潟大賞典3着の際は道中3番手とかなり前目につけた競馬だった。今まではどちらかと言えば差しだったが、前走のような先行策をとってくれると面白い存在になる。前走をフロック視されているきらいがあるし、狙い目だろう。
△9タツゴウゲキ
 昨夏に、重賞2連勝したように能力があるのは分かっている。先行する脚質にも魅力を感じる。9ヶ月の休み明けを嫌ってヒモにまわしたが、勝ってしまってもおかしくはないと思っている。
△11サトノノブレス
 2016年の鳴尾記念覇者。8歳馬だが、今年の金鯱賞も2着と、衰えを感じさせない。脚質も中団から攻めるタイプ。おさえる。

 

買い目 3連複軸1頭流し
2―5,6,7,9,11 10点
グッドラック!!

2018 『赤い高粱』莫言(岩波現代文庫) 感想

 中国現代文学を読むのは初めてのことだ。本作の作者である莫言の2012年ノーベル文学賞受賞がなければ、私の狭い視野に入ってこなかったかもしれない。
 日本と中国は漢字文化圏でありながら、発音の違いのせいで、本書では少々厄介なことが起こっている。主に人物名などの固有名を漢字で表記して、読みは中国語発音が付されており、慣れるのにとても苦労した。よっぽど漢字を開いて、カタカナで表記した方が良かろうに、と若干不満を思ったが、まあこれは措いといて。
 
 舞台は山東省高密県の東北郷という架空の土地だ。そこで〈わたし〉の一族の物語が展開される。土着的、土俗的であり、時間軸もバラバラでありながら、一つ一つのエピソードが相互に連絡し、補完し、読み進めていくうちに全体像が掴めてくるというもの。語り手の〈わたし〉の祖母、祖父、父の話が主だったものとなる。
 奇妙な語り手〈わたし〉は一人称のまま、あたかも祖母、祖父、父たちを、1920年、1930年代の時代を知り抜いているかのように、凄まじい内容の物語を語り続ける。注意して読んでいけば、この異様な事態は、口承された物語を東北郷に住まう老いた住民たちから聞き取って獲得したことに拠るものだとわかる。つまるところ、物語のデータベースとして〈わたし〉は存在する(まるでオリュウノオバのように)。実際、〈わたし〉自身は作中には登場しないのだ。そして三人称のように登場人物達の心理に深く分け入り語ってしまうのだから(こんなことは通常であればありえない、小説だからできるテクニックだ)、本作は語られた=騙られたものとして読むべき、と莫言に示されている気がしないでもない。
 こういった形式を見るにつけ、訳者や解説も平然とマジックリアリズムのものであると指摘する。莫言自身もマルケスやフォークナーに影響されたと言っているくらいだ。しかしながら、内容にマジックはあったか? 現実的にありえないような物事があったろうか? むしろ苛烈なほどにリアルな対物描写ではなかったか?
 マルケスよりフォークナー、つまりサーガの体裁が強く反映されてあるのではないか。東北郷サーガと呼んだ方が適切だ。本書は文庫化に際し、一巻の長編を二分割した前篇のようであるから、恐らく『続・赤い高粱』でも東北郷を舞台にした〈わたし〉の一族のサーガが書かれているのだろう。
 マジックがあるとすればこの語りの形式、一点であり、また本作の最大の特徴も、この〈わたし〉の時空を超えた語りにある。
 
 1930年代末の局地的な抗日戦争の様子、当時まだ優勢だった日本軍と、その配下に進んでなった傀儡軍(元中国軍の一部)の蛮行や戦闘が、ありのまま描かれる。銃撃戦での殺し合いの様子や、日本軍によるおぞましい残酷な私刑が克明に描写されるさまには圧倒される。凄惨な光景がありありと像を結ぶ。
 砕ける肉、剥がされる皮、飛び散る血、いとも簡単に失われていく生命。抒情性は一切なく、ドライな構え方が、却って描写の強度を増加させているようだ。
 この地方の伝統的な作物である、高粱の畑が効果的に働く。高粱が、この地方の野蛮で、しかし力強い人間の隠喩であるとの指摘は肯けるものがある。多くの散っていった人間達の血肉を吸い取って死をたらふく食らった大地から栄養を吸い上げる。一方で荒々しい生命の息吹の象徴でもある。祖母と祖父が肉体的に結ばれる場もまた、この高粱畑だった。高粱畑が、善悪を区別せずにこの土地で起こる出来事の全て、住まう人々の運命を何代も何代も見守り、受け止めているようだ。 

2018 予想 第25回平安ステークス(GIII)

 京都ダート1900mの平安Sを予想する。1800mでもそうだけど、下位クラスなら圧倒的に逃げ先行が有利なコースだ。ただ、ダートレースの常として、クラスが上がるごとに差しも届きやすくなる、というより後方脚質でも結果を残せる馬が出走してくる、というのが実情か。
 京都ダート1900mもそのような傾向で、オープンクラスなら先行と差しは互角。さすがに追い込みは厳しいし、逃げもなんだかんだで決まらない。狙うなら、ちょっと控えて3,4番手くらいで進める先行馬か、中団で進める差し馬を中心に。
 今回の平安Sでは、前に行く馬が揃った感がある。だからといって前崩れになるとは言わないが、着拾いのような感覚で馬券内に食い込む後方勢には注意したい。

 

◎6グレイトパール
 久々の復帰戦だった前走アンタレスSを勝ちきった。前年の平安S勝ち馬である。文句なしだろう。中団のやや後ろに控えて、勝負どころで進出できる脚質も魅力。どんな展開にも対応できると思われる。

 

△1ミツバ
 好ステップレースであるアンタレスS2着なので買う。この馬もマクリができるタイプなので、本命馬に比べるとやや信頼感は落ちるものの、最近の調子もよく、おさえておかないと怖い。
△5テイエムジンソク
 流し馬券にするので印に差をつけなかっただけで、対抗なら断然、この馬。フェブラリーSでは惨敗したが、マイルの距離が合わなかった、関東初めて、もちろん府中も初めてだった。なので、前走は目をつぶろう。京都1800にはなるが、昨年のみやこSのように圧勝する可能性だってあるのだから。
△9サンライズソア
 切るかどうか迷った馬。ブリリアントSは、まあ出負けしたのが全てで、途中で競馬をやめていたのかもしれないがオープン特別14着はひどい。しかし前走を度外視すれば買えなくもない。
△10クインズサターン
 注意したい追い込み馬。総武S、マーチSアンタレスSと後方から進めて、速い上がりを繰り出して3着、2着、3着。馬券内食い込みありうる。
△13ナムラアラシ
 これも注意したい追い込み馬。前走のアンタレスSの負け方はいただけないが、不良馬場が合わなかったか。同舞台のオープン特別、アルデバランSを差し切っていて、上位着順が狙える馬と思う。
△14クイーンマンボ
 何頭か牝馬が出走しているが、中央の混合ダート重賞での牝馬の扱いは難しい。関東オークスなど、ダート長距離に適性がありそうなこと、昨年のことになるが混合の兵庫CSで3着している実績から、一応おさえておく。

 

買い目 3連複軸1頭流し
6―1,5,9,10,13,14 15点
グッドラック!!

2018 『新装版 海も暮れきる』吉村昭(講談社文庫) 感想

 

新装版 海も暮れきる (講談社文庫)

新装版 海も暮れきる (講談社文庫)

 

 

 「咳をしてもひとり」の自由律俳句で有名な尾崎放哉が、小豆島に移住して病死するまでの八ヶ月を描いた伝記小説。
 ずいぶん久しぶりに吉村昭を読んだ。吉村昭はかつて純文学方面で頑張っていて、なかなか目が出ず、伝記小説に鞍替えしたという経緯を持つ。それゆえか、硬派な文体でありながら、大衆小説らしい読みやすさも同居する得難い作風の持ち主となった。

 

 尾崎放哉については、読む前に多少の情報は得ていた。あまり良い性格の持ち主ではなかったらしく、東京帝大法学部卒という学歴や、エリート会社員だった過去を鼻にかける人物だったとのこと。
 この情報から描いた私の尾崎放哉像は、周囲から人々が去っていき、小豆島で全くの孤立状態に陥るが、しかし孤立は却って好都合、もってこいだと開き直り、ひたすら句をひねっている……という感じだった。世を捨てた、孤高の俳人というかなんというか。
 しかし本書を読むとそうでもなかった。
 まず強調されるのは酒癖の悪さだ。酒乱であったという。たいして強くもないのに酒が大好きで、すぐ酔っぱらってしまう。すると急に毒舌家になって、場を白けさせてしまったらしい。本書の中で直接言及されていないものの、中程度のアルコール依存症だろう。会社の要職から追われたのも、妻に去られたのも、親類縁者に疎まれているのも全て酒癖の悪さと怠惰な生活態度によるという。
 酒での失敗は、私にも数え切れないくらい、たくさんある。私も放哉と似たようなもので、たいして強くないくせに酒好きで、毒舌家にはならなかったが極度の笑い上戸になる。調子に乗ってしまうのだ。酒のせいで関係が壊れてしまったことは数回だが、ある。
 だから、というわけではないが、放哉のだらしなさには共感を覚えるし、良くも悪くも人間臭い奴だったのだな、と思ったものだ。
 孤高の俳人、というイメージはすぐに崩れた。じゅうぶん親しみを持てる人物だったのだ。

 

 学歴や職歴をひけらかせるような態度はさすがに本書にもあった。また、自分が既に高評価を得ている有力な俳人であることを自負した上での、驕り高ぶる態度もあった。言ってしまえば現在はただの無職のオッサンであるくせに、自省せず、金や食い物や住居を無心する。そして自分のような高学歴で天才の人間は、学歴が低くて俳句の才能もない相手から施しを受けて庇護されて当然だ、と開き直ってしまっていたりする。
 こう書くとただのクソ野郎だが、本当に援助されると、その厚意にいたく感動してやまない姿が描かれている。強がりを言いながらも、心中では感謝している。こういった態度もまた、妙に人間臭さを感じさせるのだ。
 
 後半部では、放哉の結核が悪化していき、ついに死ぬまでの様子が執拗に書かれている。吉村昭自身が、かつて結核で死の寸前までいったことがあるそうで、その時の体験が反映されているとのことだ。確かに、結核が亢進していく様子は、あまりにもリアルで、あまりにも凄惨だった。それが憐憫を誘うのか、ページをめくる手が止まらず、あっという間に読んでしまった。
 
 これはあくまで伝記小説なので、どこまで本当だか分からない。吉村昭が都合よく変えて書いてしまっている部分もあるのだろう。それでも、俳人というとっつきにくい材料を使って、魅力的な伝記小説に仕上げた吉村昭の腕前はさすがである。孤高の俳人ではなく、一人の人間が確かに描き出されている。優れた伝記小説だった。

2018 予想 第20回京都ハイジャンプ(J・GII) 3930m

 京都障害コース3930mのコーナーの数、実に10回だ。直線も芝外回りの約半分で、後方脚質の場合、最終コーナーでまくって先頭に並びかけるくらいでないと厳しい。言うまでもなく先行有利だ。
 加えて、今回のメンツ、先行馬が少ない。逃げ先行馬を積極的に狙っていきたい。


◎3アスターサムソン
 障害未勝利戦では他が弱くて前目で運べるがクラスがあがると追走できなくなる、というケースが往々にしてあるのだが、本馬は違う。
 昇級初戦こそ中団に下げたが、前走の三木ホースランドJSで二馬身半差をつける逃げ切り圧勝。これだけ楽に障害オープン特別を勝ったからには重賞での活躍も期待できる。しかも今年の京都ハイジャンプに同型不在だ。面白い逃げ馬だろう。

 

◯7マイネルフェスタ
 施行距離こそ違えど京都ジャンプS(JGIII)(3170m)を勝っている点は大きい。2016年の京都ハイジャンプも4着している。ただいかんせん、差し馬なので届くかどうかがわからない。道中、3,4番手まで押し上げてやれば好走するだろう。
▲5ルペールノエル
 実績面においてはもはや言うに及ばず。差し馬だがJ・GIで通じる末脚であることもまた、言うに及ばず。ただ非常にネックというか、嫌なジンクスがあって、本馬は2回京都の障害コースを走って、2回とも落馬。完走してくれなければ話にならないので、となると、軸本命にはしづらい。


△1テイエムオペラドン
 この馬も差し馬なので勝ち味に遅いタイプなのだが、昨年の京都ハイジャンプ2着ともなると、切れない。
△2ヨカグラ
 京都の障害OPを差し切り勝ち。それだけで入れた。
△6タガノアーバニティ
 障害OPを2回走って2回とも6着。もう少しで掲示板、そこまで負けていない。あとは、道中シンガリまで下げるタイプでない、という点で考慮しておさえておく。

 

 買い目はちょっと迷う。アスターサムソンが軸でよいとして、軸1頭で流してガミる組み合わせが多すぎる場合は、対抗単穴に指定した2頭を使って3連複フォーメーションにするかもしれない。

 

一応の買い目 3連複軸1頭流し
3―1,2,5,6,7 10点
あるいは3連複フォーメーション
3―5,7―1,2,5,6,7 7点

 

グッドラック!!

 

2018 予想 第63回京王杯スプリングカップ(GII)

 府中1400が舞台。はっきりとした逃げ馬こそ不在だが先行馬が多く、ある程度ペースは流れるだろう。差し優勢かなと思う。
 

◎15ダンスディレクター
 追い込みというほど下げすぎない脚質が絶妙。宮記念組は成績がよく、その中で4着。たいへん立派な着順だ。スプリントGIで4着の成績を重く見た。
 1400mという距離は得意そうで、阪神カップスワンSで2着2回4着2回。府中の1400はどうか。かつて準オープン勝ちから直行した2015年の京王杯SCでは惨敗しているが、今なら苦にはすまい。

 

△1サトノアレス
 GI馬。府中に適性を示していて、ここ2走は府中マイルを上がり最速で2連対。ただマイルかそれ以上の馬のような気がするし、初の1400でどうなるか未知数。
△6グレーターロンドン
 昨年の安田記念4着、毎日王冠3着馬。展開が味方すれば豪快に勝ちきりそう。ただ近走はなかなか結果が出せていない。府中は末脚の鋭さを見せつける絶好の舞台。盛り返せるか。
△8リライアブルエース
 前走の府中1400の準オープンも含め、この舞台で2戦2勝のパーフェクト。侮れず。
△9ウインガニオン
 マイルCS京都金杯と大敗しているものの、関屋記念中京記念、パラダイスS等々の着順など、東京・新潟・中京に良績が集中する左回り専用機であることがわかるだろう。おさえておかないと怖い。
△11シュウジ
 2016年末の阪神カップ以降、精彩を欠くが控える競馬が板についてきたか。勝ちきれていないものの、前走は中山マイルの東風Sを上がり最速で3着。前述したが、1400のGIIである阪神カップをかつて勝っている点も大きい。
△18フィアーノロマーノ
 前走中山マイルの準オープンで見せた末脚があまりに強烈。おさえ。

 

買い目 3連複軸1頭
15-1,6,8,9,11,18 15点 グッドラック!!