読書と競馬

競馬は文学である

2018 予想 第25回平安ステークス(GIII)

 京都ダート1900mの平安Sを予想する。1800mでもそうだけど、下位クラスなら圧倒的に逃げ先行が有利なコースだ。ただ、ダートレースの常として、クラスが上がるごとに差しも届きやすくなる、というより後方脚質でも結果を残せる馬が出走してくる、というのが実情か。
 京都ダート1900mもそのような傾向で、オープンクラスなら先行と差しは互角。さすがに追い込みは厳しいし、逃げもなんだかんだで決まらない。狙うなら、ちょっと控えて3,4番手くらいで進める先行馬か、中団で進める差し馬を中心に。
 今回の平安Sでは、前に行く馬が揃った感がある。だからといって前崩れになるとは言わないが、着拾いのような感覚で馬券内に食い込む後方勢には注意したい。

 

◎6グレイトパール
 久々の復帰戦だった前走アンタレスSを勝ちきった。前年の平安S勝ち馬である。文句なしだろう。中団のやや後ろに控えて、勝負どころで進出できる脚質も魅力。どんな展開にも対応できると思われる。

 

△1ミツバ
 好ステップレースであるアンタレスS2着なので買う。この馬もマクリができるタイプなので、本命馬に比べるとやや信頼感は落ちるものの、最近の調子もよく、おさえておかないと怖い。
△5テイエムジンソク
 流し馬券にするので印に差をつけなかっただけで、対抗なら断然、この馬。フェブラリーSでは惨敗したが、マイルの距離が合わなかった、関東初めて、もちろん府中も初めてだった。なので、前走は目をつぶろう。京都1800にはなるが、昨年のみやこSのように圧勝する可能性だってあるのだから。
△9サンライズソア
 切るかどうか迷った馬。ブリリアントSは、まあ出負けしたのが全てで、途中で競馬をやめていたのかもしれないがオープン特別14着はひどい。しかし前走を度外視すれば買えなくもない。
△10クインズサターン
 注意したい追い込み馬。総武S、マーチSアンタレスSと後方から進めて、速い上がりを繰り出して3着、2着、3着。馬券内食い込みありうる。
△13ナムラアラシ
 これも注意したい追い込み馬。前走のアンタレスSの負け方はいただけないが、不良馬場が合わなかったか。同舞台のオープン特別、アルデバランSを差し切っていて、上位着順が狙える馬と思う。
△14クイーンマンボ
 何頭か牝馬が出走しているが、中央の混合ダート重賞での牝馬の扱いは難しい。関東オークスなど、ダート長距離に適性がありそうなこと、昨年のことになるが混合の兵庫CSで3着している実績から、一応おさえておく。

 

買い目 3連複軸1頭流し
6―1,5,9,10,13,14 15点
グッドラック!!